HOME>新着情報2022

新着情報

 

創意工夫功労者賞受賞しました(機事)

文部科学大臣表彰「令和4年度創意工夫功労者賞」伝達式

4月19日(火)新潟県庁にて令和4年度創意工夫功労者賞伝達式が執り行われました。弊社からは下記2名が受賞しました。

 

受 賞 者

機機械事業部開発部 鴨井孝夫

機械事業部製造部 滝沢勇輝

業 績 名

接着工程付随作業の改善

業績の概要

接着工程の付随作業で生じる作業負荷や 危険性を、装置化することにより軽減。作業時間も大幅に改善。

 

創意工夫功労者賞とは?
科学技術に携わる者の意欲と科学技術水準の向上に寄与することを目的に、優れた創意工夫により、各職域における技術の改善や向上に貢献した方を表彰するものです。
(昭和35年創設。今年度は全国で479名が受賞。)

金井産業労働部長より賞状等授与


受賞者答礼

農機新聞、農村ニュースに掲載されました(機事)

残雪スノーロータリーフェア2022

3月4日から4月2日にかけて新潟県、山形県、長野県にて残雪スノーロータリーフェアを開催いたしました。初開催の開場もありましたが、近隣の方々をはじめ、多くの皆様にご来場頂きました。ありがとうございました。

そのスノーロータリーフェアの様子が農機新聞と農村ニュースに掲載されました。

 

*画像をクリックすると記事(PDFファイル)が読めます*


4月12日農村ニュース

4月12日農機新聞

「ビジョナリー経営2021」(全社)

高度外国人材雇用集

内閣官房プロジェクト「ビジョナリー経営2021」の対象企業として選出されました。

*画像をクリックすると記事(PDFファイル)が読めます*

 

◆ビジョナリー経営2021とは
 国籍にとらわれずに優秀な才能を組織に取り入れていく高度外国人IT人材雇用という新しい経営手法に取り組む企業を日本全国から約100社選出し、その経営者への取材・インタビュー内容を動画やe-bookなどに仕上げて公開することで、人材受け入れのノウハウや効果などを広く共有していくことを目的とした政府プロジェクトです。その狙いは日本の技術力向上と日本経済の活性化、そしてその実現のための高度外国人材雇用の拡大にあります。
 国籍、日本語能力にこだわることなく、より幅広く優秀な人材雇用を進める企業をさまざまな地域、業種、企業規模から選出。経営者の考え方や、取り組む理由、メリットやデメリット、具体的にどのように進めたのかなどを事例としてまとめあげて公開し、同じような指針を持って多様な人材による組織作りを考える多くの企業の参考としてもらうことを目指しています。

ビジョナリー経営2021

「ビジョナリー経営2021」掲載サイト
https://tebiki-jp.com/co/cases/

※このプロジェクトサイトは内閣官房内閣サイバーセキュリティーセンター(NISC)が推進し、一般社団法人情報サービス産業協会JISA( https://www.jisa.or.jp/ )および全研本社株式会社( https://zenken-diversity.jp/ )が事務局として運営を行っています。

会場追加のお知らせ【残雪スノーロータリーフェア2022】(機事)

糸魚川市『シーサイドバレースキー場』

「残雪スノーロータリーフェア2022」の会場を1か所追加いたしました。

◆3月11日(金)-12日(土) 新潟県糸魚川市 糸魚川シーサイドバレースキー場

開催地情報

地区

会場

開催日

新潟県三条市

道の駅漢学の里しただ

3月4日(金)-6日(日)

新潟県糸魚川市 

糸魚川シーサイドバレースキー場

3月11日(金)-12日(土)

新潟県魚沼市

道の駅いりひろせ

3月15日(火)-16日(水)

新潟県十日町市

松代ファミリースキー場

3月19日(土)-20日(日)

山形県小国町

道の駅白い森おぐに

3月22日(火)-23日(水)

新潟県上越市

キューピッドバレイスキー場

3月25日(金)-26日(土)

長野県栄村

農村広場多目的グラウンド

3月29日(火)-30日(水)

新潟県津南町

だいすきさんが 旧三箇小学校

4月1日(金)-2日(土)

「残雪スノーロータリーフェア2022 in 道の駅 漢学の里しただ」(機事)

3月4日(金)-6日(日)

「残雪スノーロータリーフェア2022」がスタートします。
3月4日(金)〜6日(日)は新潟県三条市 道の駅 漢学の里しただにて開催します。

気になる除雪機の性能を試せるチャンスです。先月発表した除雪ブレード付乗用草刈機もご試乗頂けます。

どうぞ、お気軽にお立ち寄りください。

 

*画像をクリックすると記事(PDFファイル)が読めます*

残雪スノーロータリーフェア

「残雪スノーロータリーフェア2022」開催(機事)

新潟県内5か所、山形県、長野県内各1箇所

今年も「残雪スノーロータリーフェア」を開催いたします。
昨年から始めた残雪スノーロータリーフェアですが、今年は開催地域を拡大して新潟県、山形県、長野県内の計7地域で開催します。

昨年ご好評を頂いた残雪を利用したデモンストレーションや作業体験を今年も行います。またフジイスノーロータリーや先日発表した除雪ブレード付草刈機などフジイ製品が勢ぞろいます。
もちろん、除雪機安全講習会も行いますので、どうぞ、皆様お誘いあわせの上、ご来場ください。

昨年の残雪スノーロータリーフェア

開催地情報

地区

会場

開催日

新潟県三条市

道の駅漢学の里しただ

3月4日(金)-6日(日)

新潟県魚沼市

道の駅いりひろせ

3月15日(火)-16日(水)

新潟県十日町市

松代ファミリースキー場

3月19日(土)-20日(日)

山形県小国町

道の駅白い森おぐに

3月22日(火)-23日(水)

新潟県上越市

キューピッドバレイスキー場

3月25日(金)-26日(土)

長野県栄村

農村広場多目的グラウンド

3月29日(火)-30日(水)

新潟県津南町

だいすきさんが 旧三箇小学校

4月1日(金)-2日(土)

農機新聞、農村ニュースに掲載されました(機事)

草刈機が除雪機に 2wayタイプ乗用草刈機

除雪ブレード付乗用草刈機MF1018X-Bは、夏は草刈機として、冬は除雪機としてご使用いただけます。

詳細につきましては、右の記事及びこちらをご覧ください。

 

*画像をクリックすると記事(PDFファイル)が読めます*

 


2月15日 農機新聞

 

2月22 農村ニュース

『メイドインにいがた 防災・新型コロナ対策展part2』配信開始(機事)

B雪害対策篇

インターネット番組「メイドインにいがた 防災・新型コロナ対策展part2」の配信がYouTubeで始まりました。

この番組は、TeNYテレビ新潟様が2012年から取り組んでいる
「家族を守る。にいがた防災キャンペーン」の一環です。
今回は@防災・新型コロナ対策篇A災害食・保存食篇B雪害対策篇の3本が制作されました。弊社はB雪害篇の中で紹介されています。

インターネット番組
「メイドインにいがた 防災・新型コロナ対策展part2」

⇒HPはこちら

 

NHK新潟「#STOP除雪機事故 一瞬で凶器に!」(機事)

#STOP除雪機事故 一瞬で凶器に!

NHK新潟放送局様の動画にリンクを貼らせていただきました。

除雪機の事故を防止するために必要なことは、@安全機能を切らないこと、A雪が詰まったらエンジンをとめる事です。

昨シーズンは、除雪機の事故がここ10年間で最も多く発生しました。除雪機は便利な機械ですが、使い方を間違えると大怪我の原因にもなります。
取り扱い上の注意を守り、怪我の無いようにご使用ください。

「#STOP除雪機事故 一瞬で凶器に!」

 

>>21年の記事へ

このページのトップへ戻る