HOME>新着情報2021

新着情報

新潟市x東洋大学 オンライン・インターンシップ(全社)

「企業が求める外国人人材像」

 

東洋大学外国人留学生9名が新潟市の協力のもと、オンライン・インターンシップを行いました。弊社からは採用担当が「企業が求める外国人人材像」について講演しました。

インターンシップの概要については東洋大学のHPに掲載されています。

https://www.toyo.ac.jp/news/internationalexchange/20210412_niigata/



  東洋大学x新潟市
オンライン・インターンシップ

創意工夫功労者賞受賞しました(全社)

"ワーク位置連動化による塗装機前処理工程の改善"

 

文部科学大臣表彰「令和3年度 創意工夫功労者賞」を下記2名が受賞しました。

受 賞 者

生産技術部    橋喜靖、
機械事業部製造部 五十嵐 良孝

業 績 名

ワーク位置連動化による塗装機前処理工程の改善

業績の概要

塗装施工前の表面洗浄工程において、ワークを検知するセンサーとシャワーのON/OFFを連動させること等により、不要な洗浄液やエネルギーの削減を実現。



  左:生産技術部 橋 喜靖
  右:機械事業部製造部 五十嵐 良孝

“農村ニュース”、“農機新聞”に掲載されました(全社)

青少年の体験活動推進企業表彰

 

3月12日の最終審査を得て、文部科学大臣賞を受賞しました。

コロナ渦の中でも取り組みを続けていきたいと思います。


4月12日農村ニュース


4月13日農機新聞

令和2年度青少年の体験活動推進企業表彰 文部科学大臣賞を受賞(全社)

ぅわ~きっず

文部科学省が主催する令和2年度青少年の体験活動推進企業表彰において最優秀賞である文部科学大臣賞を受賞しました。

 

青少年の体験活動推進企業表彰は社会貢献活動の一環として、青少年の体験活動に関する優れた実践を行っている企業を表彰し、青少年の体験活動の機会の推進を図ることを目的としています。

 

今回の受賞は弊社が毎年行っている「ぅわ〜きっず」が評価されました。
「ぅわ〜きっず」とは小学生の親子が弊社工場でものづくりを行う仕事体験です。体験するのは組立作業や部品の準備などの軽作業です。お仕事後は、お給料として「ぅわ〜きっずマネー」をお支払いします。お昼のお弁当やジュースなどをこの「ぅわ〜きっずマネー」で購入します。
働いて賃金を得ることで、労働の価値や意味、楽しさ、大変さなどを体験できます。

この受賞は後援や協賛いただいている皆様や地域の方々あってのことです。弊社はこれからも次世代の育成、地域貢献等を推進して参ります。


 

 

 

    
             文部科学大臣賞


萩生田文科大臣から賞状授与

“農村ニュース”、“農機新聞”に掲載されました(機事)

除雪機の安全講習

 

 

小学校対象の安全講習です。
ご要望があれば、市外の小学校からもお受けいたします。


2月1日農村ニュース


2月2日農機新聞

小学校向け除雪機安全講習(機事)

除雪機の事故にあわないために

今年は新潟県内でも除雪機による事故が多発しています。少しでも事故の防止につながればと思い、子供たち向けに安全講習を実施しています。

市内の小学校にて除雪機の事故に巻き込まれないように安全講習を実施しました。その後、児童玄関周りや避難経路などの除雪作業を行っています。

除雪機メーカーとして除雪機の事故が起こらないことを願っています。


安全講習


児童玄関周りの除雪作業

 

フジイ以外の除雪機向けスノーブロック販売開始(機事)

スノーブロックキャンペーン

スノーブロックはオーガ軸への雪の付着を抑え、除雪能力の低下を抑制する機能があります。

この度、フジイスノーロータリー以外の除雪機をお使いの皆様にも是非お試しいただきたいと思い、キャンペーンを開始しました。フジイ以外の除雪機にスノーブロックを装備するチャンスです。どうぞ、お試しください。

キャンペーン価格のため、下記についてご連絡ください。
@スノーブロック取付位置の幅とオーガ軸の外径又は外回りをご自身で採寸して頂くこと
Aメーカー、型式、機体番号、製造年(任意)をご連絡頂くこと
詳しくは下記”スノーブロックキャンペーン”のチラシをご覧ください。

 

ご注文は弊社除雪機取扱店、又はネットショップよりご注文いただけます。

スノーブロック取扱店「雪国より」

https://yukiguniyori.stores.jp/

https://snowblock.base.shop/

 



フジイ以外スノーブロック


フジイスノーブロック

※実際の効果は雪質・気候等の作業条件により異なります。

 

>>20年の記事へ

このページのトップへ戻る