HOME>新着情報2020

新着情報

"新潟の現在・未来6月号”で紹介されました(全社)

“新潟県における外国人雇用の現状と雇用促進上のポイント”

”新潟の現在(いま)・未来(あした)”は一般財団法人新潟経済社会リサーチセンター様のセンター月報です。
自主調査”新潟県における外国人雇用の現状と雇用促進上のポイント”の外国人雇用の事例として弊社が取り上げられています。

2019年10月の新潟県内外国人労働者数は1万人を超えています。過去10年間で2.6倍になりました。その中で一番多い在留資格が技能実習ですが、弊社では外国人材を”専門的・技術分野”の在留資格で雇用しています。

 

*画像をクリックすると記事(PDFファイル)が読めます*


新潟の現在・未来

環境整備(全社)

グリーン事業部

グリーン事業部は社屋の外観整備やグリーンカーテンの設置などの環境整備を行います。


今日は畑の整備を行いました。今まで使用していなかった畑でしたので、まずは土起こしから始めました。7本の立派な畝ができました。何を植えるかは、後日のお楽しみです。


土起こし


畝たて

"日本でいちばん大切にしたい会社7”で紹介されました(全社)

“優しさが大家族経営につながり気が付けば150年企業に”

”日本でいちばん大切にしたい会社”は今回で7冊目になるベストセラーです。
著者の坂本教授は元法政大学大学院教授で6000社以上の企業を研究されきました。 企業経営の最大の使命と責任は@社員とその家族A社外社員(取引先)とその家族B現在顧客と未来顧客C地域住民、とりわけ障がい者と高齢者等社会的弱者D株主・支援機関を幸せにすることという考えのもと、毎回何社かの企業が紹介されています。
今回は7社の中小企業が紹介されています。
弊社がこの中に選ばれたのはとても幸運なことだと思います。
ツマガリさんや陰山建設さんなど素晴らしい企業様も紹介されています。

書店で絶賛発売中です。
どうぞ、お手に取ってみてください。

 

*画像をクリックすると記事(PDFファイル)が読めます*
書籍の一部を掲載しています。

 


日本でいちばん
大切にしたい会社7

"創意工夫功労者賞”を受賞しました(全社)

ベンダー作業負荷軽減装置の考案

令和2年度創意工夫功労者賞を下記2名が受賞しました。

・鋼材事業 シニアアドバイザー 神田勝弘

・生産技術 渡辺悠介

 

業績名:ベンダー作業負荷軽減装置の考案

 

"農村ニュース" ”農機新聞”に掲載されました(DLP)

KANAGATAYAはじめました

DLP事業にて金型のメンテナンス、修理、改造を専門に取り扱う”KANAGATAYA”をはじめました。
他社様製造の金型も請け負います。

見積もり、ご相談はこちらからどうぞ。


農村ニュース

農機新聞

 

>>19年の記事へ

このページのトップへ戻る