HOME>新着情報2017

新着情報

秋の味覚(全社)

柿の収穫

 11月某日柿の収穫を行いました。
弊社の柿は数年に一度豊作の年があります。今年は量はまぁまぁでしたが、おいしい柿が収穫できました。

収穫には、高所作業機を使用しました。高いところの収穫も安全・簡単に出来ます。女性でも短時間で収穫作業が
終わります。

収穫した柿は当日来社されたお客様と弊社社員でおいしく頂きました。

 

 

フジイスノーロータリーフェアを開催します(機事)

道の駅クロステン十日町でラジオ生放送!

 道の駅クロステン十日町(新潟県十日町)と道の駅漢学の里しただ(新潟県三条市)で“フジイスノーロータリーフェア”を開催します。

 展示機種は、 
@フジイ最大の48馬力 大型除雪機SQ1248DK-z
A玄関回りはおまかせ 小型除雪機Sk810MX-z
B安全・快適に草刈りを 自走刈払機

10月27日(金)には、 道の駅クロステン十日町にてBNSラジオの中継が行われます。レポーターは臼木優子さん。時間は10時40分頃より5分間です。

一日二回、除雪機安全講習(11:00,14:00)も実施します。冬本番を前に、安全に除雪機をお使いいただくために、受講をお勧めします。

*下の画像をクリックするとPDFファイルが読めます*


10/27-29 道の駅 クロステン十日町
10/27 10:40〜BSNラジオ生中継!

11/10-12 道の駅 漢学の里しただ

センター月報((一社)新潟経済社会リサーチセンター)に掲載されました(機事)

探訪-グローバルに展開する除雪機・農機メーカー フジイコーポレーション株式会社-

“センター月報”は一般財団法人 新潟経済社会リサーチセンター様が調査研究の成果を掲載し発行している月報です。

1865年の創業から現在にいたるまでの経緯や人材の活躍などについて紹介しています。弊社では、高齢者、外国人や女性などの多様な社員が働いています。その方達が働きやすいように、また自信の力を発揮できるような取組を行っています。

詳細については右の記事をご覧ください。

 

*右の画像をクリックするとPDFファイルが読めます*


センター月報

第7回国際道工具・作業用品EXPO出展しました!(機事)

ご来場いただき、ありがとうございました

 10月11日〜13日の3日間幕張メッセにて開催されました「第7回国際道工具・作業用品EXPO」に出展しました。
3日間の総来場者数は約42,700名、弊社ブースには約400組にお越し頂きました。

今回は通常のコルタの他ににんじん刈りに特化したコルタや海外輸出バージョンコルタなどのコルタファミリーも展示いたしました。展示したコルタ8台と説明員4名、フル稼働の3日間でした。
お立ち寄り頂き、ありがとうございました。


第7回国際道工具・作業用品EXPO

工場見学来場者3000人達成!(機事)

祝!3000人!

 

 10月17日工場見学において3000人目のお客様が来社されました。
記念品としてサンタの刺繍入り帽子をプレゼントしました。


工場見学は2009年にスタートしました。取引先を始め、官公庁、小学校など多くの方々から参加いただいています。昨年は550名程が来場され、今年も500名以上の来場が見込まれます。

工場見学のアテンダントは営業部、製造部、総務部などの女性社員がメインで行います。社内業務の多い女性社員にとって、工場見学のアテンダントはお客様と直接触れ合えるとてもいい機会をなっています。

これからも来場者5000人を目指し、工場案内を続けていきます。

工場案内のお申し込みはこちらからどうぞ!



第7回国際道工具・作業用品EXPOに出展します!(機事)

自走刈払機コルタを展示

 

 昨年に引き続き国際道工具・作業用品EXPOに出展します。

今年の展示機械は女性や高年齢者から高評価を受けている自走刈払機コルタです。コルタは自走式のため、作業者は機械を操作しながらついていくだけ。その操作方法もレバー2つだけ。簡単に草刈り作業が行えます。そして、刈取部と作業者の距離が保たれているため、安全に作業が出来ます。

皆様のご来場をお待ちしております。


自走刈払機コルタ


 

国際道工具・作業用品EXPOはこちら↓

会期:2017年10月11日(水)〜13日(金)

会場:幕張メッセ

農林用品ゾーン No.16-48

 

 

 

農機新聞(5月23日)に掲載されました(機事)

新型除雪機の内見会を開催

 

 5月10日〜12日 新潟県魚沼市銀山平で、新型除雪機SQ1248DK-zの内見会を行いました。

SQ1248DK-zは弊社最大の47.2馬力エンジンを搭載し、作業能率・投雪距離・低温始動性を大きく向上させた除雪機です。フジイ初のエンジン防振マウント採用により低騒音・低振動をによる快適な除雪作業を実現しました。


農機新聞(5月23日)


グリーン活動:さくらんぼ(機事)

創業150年記念樹

 

 弊社は今年で創業152年をむかえましたが、2年前に創業150年を記念してさくらんぼとルレクチェの木を植えました。そのさくらんぼの木に初めて実がなりました。まだまだ小さくて数も少ないですけど、これから大きく育っていくのを見守りたいです。


創業150年記念樹

 


初結実!

グリーン活動開始(機事)

ゴーヤ、かぼちゃ etc...

 5月中旬グリーン活動を開始しました。
今年は、ゴーヤ、かぼちゃ、ホップ、小玉スイカを栽培します。
 ホップは昨年の苗がうまく冬を越せたので、2年目となります。すいかは昨年に引き続き、2度目の挑戦です。ゴーヤは以前に育てたことがありますが、かぼちゃは初挑戦です。

立派なグリーンカーテンになりますように…


グリーンカーテンの設置には弊社の高所作業が大活躍です


設置完了!

第2回名古屋機械要素技術展に出展しました(DLP)

ご来場いただき、ありがとうございました

 

4月12日(水)から4月14日(金)の3日間ポートメッセなごやにて開催されました「第2回名古屋機械要素技術展」に出展しました。
今回は979社が出展し、3日間の来場者数は34,573人でした。
弊社ブースではアクア成形を中心に展示し、多くの方にご高覧頂きました。
ご来場いただき、ありがとうございました。




創意工夫功労者賞受賞!(機事)

表彰伝達式に出席しました

 

 4月18日新潟県庁で平成29年度創意工夫功労者賞表彰伝達式が執り行われました。弊社からは生産技術 高山と機械事業製造部 外山の2名が受賞しました。高井副知事より賞状を授与頂き、弊社 高山が受賞者答礼を行いました。

平成29年度創意工夫功労者賞
業績名:「除雪機製造におけるミッション組立工程の改善」
受賞者:生 産 技 術   高山明義
     機械事業製造部 外山誠二


左:機械事業製造部 外山、
右:生産技術 高山

プレス技術4月臨時増刊号に掲載されました(DLP)

“レザー板金加工技術”

 

  プレス技術4月臨時増刊号にて弊社DLP事業のアクア成形法、ドロミテ成形法、鋼材事業の逐次張出し成形法が紹介されました。
 この3つの成形法は多品種少量生産をスムーズに行うための成形法です。アクア成形法とドロミテ成形法は、使用する金型を減らし、部品を成形を行います。また逐次張出し成形法は、金型を作らずに、部品を成形します。

詳細については右の記事をご覧ください。

 

*右の画像をクリックするとPDFファイルが読めます*


プレス技術4月臨時増刊号

第2回名古屋機械要素技術展に出展します(DLP)

機械部品や金属や樹脂に関する加工技術の展示会

 

 4月12日(水)〜14日(金)にポートメッセなごやで開催される「第2回名古屋機械要素技術展」に出展します。

この機械要素技術展は昨年は約29,236人の来場者があり、今年度は1,020社が出展を計画している日本最大級のビジネス・マッチングイベントです。同時に「設計・製造ソリューション展」、「工場設備・備品展」なども開催されています。

ぜひ、ご来場ください。

 

第2回名古屋機械要素技術展
 日時: 4月12日(水)〜14日(金)10:00〜18:00
      ※14日(金)は最終日のため17:00まで

 会場:ポートメッセなごや
 ブース小間番号: 1-24 (第3展示館)     

 

会場案内図


*上の画像をクリックすると大きな画像をご覧頂けます*

新潟県教育委員会キャリア教育DVDに出演しました(機事)

キャリア教育DVD「夢サポート」vol.8 新潟から生活を支える工業

 

 新潟県教育委員会は、小中学生が将来の仕事や夢について考えるための教材としてキャリア教育DVDを作成しました。その中の8作目“工業編”と9作目“総集編”で弊社が登場しています。

 8作目の工業編では、4名の中学生が弊社でお仕事体験をしています。そして、”なぜ、この仕事を選んだのか?”、“仕事をする上で、気をつけていることは何か?”などの中学生からのインタビューに弊社社員が回答しています。

 このDVDは、県内小中学校や公共図書館などに配布されています。図書館では貸出もされていますので、ぜひご覧ください。

 

新潟県キャリア教育DVD「夢サポート」


日刊産業新聞(2017年2月13日)に掲載されました(鋼材)

“逐次張出し形成導入”

 

  「逐次張出し成形法」が紹介されました。この成形法は、新潟県工業技術総合研究所(工技総研)から技術供与を受け、「2015年度補正ものづくり・商業・サービス新展開支援補助金」を活用し、実現しました。
逐次張出し成形法では、金属製ではなく、樹脂製の金型を使用し成形します。詳細については右の記事をご覧ください。

 

*右の画像をクリックするとPDFファイルが読めます*


日刊産業新聞(2017年2月13日)

日農工会報ひまわり新春号に掲載されました(全社)

“新年賀詞交換会”

 

 1月10日(火)に一般社団法人日本農業機械工業会の賀詞交換会が東京都内で開催され、弊社も参加しました。今年新しく設立された「日農工・女性活躍ネットワーク」にも2名の社員が参加しました。

 

*右の画像をクリックするとPDFファイルが読めます*


日農工会報ひまわりvol.58/新春号

東北・新潟のオンリーワン企業に掲載されました(全社)

“ダイレスプレス技術と除雪機で海外に展開”

 

  一般社団法人 東北経済連合会様、東経連ビジネスセンター様、公益法人 東北活性化研究センター様が1月に「キラリ 東北・新潟のオンリーワン企業」を発行しました。この中で弊社は、独自の技術や製法(工法)、サ-ビス、ビジネスモデルを有するオンリーワン企業として紹介されています。

 

*右の画像をクリックするとPDFファイルが読めます*


「東北・新潟のオンリーワン企業」

 

新機構 ミラクルオーガ登場!(機事)

除雪作業をより効率的に!

 

 新機構 “ミラクルオーガ”の販売を開始しました。

 “ミラクルオーガ”は、雪の流れをスムーズにして、除雪能力の低下や面倒だった付着した雪の除去作業を抑制します。

 “ミラクルオーガ”を装備したタイプは、除雪幅が900oまでの小型クラスで16,200円、1,000o以上のクラスで、21,600円(税込み)小売価格がアップとなります。

実際の効果は、雪室・気候条件等の作業条件により、異なります。

*画像をクリックするとPDFファイルが読めます*


新機構ミラクルオーガ

鉄鋼新聞(2016年12月29日)に掲載されました(鋼材)

『特殊鋼板加工技術を確立』

 

 新潟県工業技術総合研究所(工技総研)から技術供与を受け、「(鋼板の)逐次張出し成形」で試作品を作成しました。この加工法では、金属製ではなく樹脂製の金型を使用するため、コストとリードタイムの削減が期待できます。

 

*画像をクリックすると記事(PDFファイル)が読めます*


鉄鋼新聞(2016年12月29日)

 

>>16年の記事へ

このページのトップへ戻る